事故車でも査定することは可能

中古車査定に出すときに気になっている人も多い、傷のある車。事故を起こした場合や、それによって傷のある車でも査定は可能なのかという問題なのですが、査定は可能です。
しかし査定が可能なのは、ボディーやライトなどの破損で済んだ場合です。
車の査定の際には「査定基準」というものがあり、車体の骨格にゆがみなどがある場合はグンと評価が下がります。

もし事故を起こした車であっても骨格に異常がなく、きちんと修理が行われているものであれば、事故車という扱いではなく修理履歴のある車という扱いになるので、大幅に値段が下がったりはしません。

また、査定の際にはきちんとそういった真実をきちんと伝えることが大切です。
査定に来られる方たちは査定のプロなので、嘘やごまかしがわかった場合信頼をなくしてしまうこともあります。

そういったことを事前にきちんと伝えて、その車に合った査定をしてもらうことが重要です。
たとえ修理歴があっても、きちんと修理がされていたり傷消しすれば問題ありません。

とくに単独でどこかにぶつけてしまった場合でも、できるだけ早いうちに修理などをしていけば、金額もあまり落ちないでしょう。
査定の申し込みの際に、始めからきちんと伝え、担当を決めてもらうと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>